コラム

目を閉じていればOK?

こんにちは!
市ヶ谷整体院の野元です!

 

 

朝晩の寒さが増してきましたが、夜は暖かくしてお休みになれているでしょうか。
寝る前のパソコンやスマホで寝れなくなる..なんてこともあると思います。

ただ、仮に一睡もできなかったとしても
「目を閉じて布団に横になっているだけで身体の8割は回復できているので問題ない」そうです。

これ、実際のところはどうなのでしょうか?

 

目を閉じると目がリラックスして涙が瞳に行き渡ります。
また、光が遮断されることで網膜が休まり遠近調節をしなくていいので毛様体筋を休めることができ、蒸しタオルなどで目を覆ってやるとより効果的に筋肉をリラックスさせることができます。

しかし、寝不足の時にもっとも疲れているのは身体よりも脳ではないでしょうか。
脳は自覚している以上に視覚から入る情報を瞬時に読み取り、様々な処理を脳内で無意識に行なっているのです。ぼーっとしている時でさえ脳内では何十億人という意識が働きます。
目を閉じるだけで脳への情報の80%は遮断できるので脳を休めるのには効果的な方法と言えます。

 

また目を閉じると脳の状態は、α波へと変わります。
α波とは脳が集中力を発揮する時やリラックスしてストレスを抜いている状態のこと
つまり、目を閉じた状態のリラックス効果は確かにあるのです。
目を閉じるだけで身体も脳も休まっているので問題はないという結論に至りたいところですが現実的にはそこに違和感が..

目を閉じて横になれば確かに身体は休まっていても、脳は休まっていない場合があるからです。

昼寝などで瞳を閉じることで脳を休める効果は確かに感じるのですが
夜中眠れなくて焦っている精神状態ではいくら瞳を閉じててもリラックスできません。

正直、8時間もただ目を閉じてじっとしているのは脳にとっては苦痛ですし、眠ろう眠ろうと脳が活発に働き、ストレスがたまり朝にはぐったりした状態になるでしょう。

結果、交感神経が高まっていて理想的な目を閉じてリラックスして横になっている状態にはほど遠いです。

 

睡眠は生きていく中で、最も長く付き合わなければいけないことです。
だからこそ眠れないという悩みを安易に捉えずにしっかり対策していくことが大切です!

日々の生活習慣や食生活を整えてしっかりと睡眠を取ることでより良い毎日を送りましょう!